3分間ハワイビト

ちょっとだけお時間頂けますか?
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
Facebook
PROFILE
SEARCH
2019/03/06

ウルトラあろは★

 

本校は東京三田麻布十番、分校は藤沢辻堂にてフラダンス教室を展開するハーラウ・ケオラクーラナキラ、主宰の田中新です。

 

ちょっと気を許すと10日も離されてるブログ。

かなり濃ゆい10日間を過ごさせて頂きました。

 

そんな記憶を写真で回想する

2019年3月6日(水)

 

は、

 

セルフメンテナンス。

 

 

からの、

 

 

とあるプライベートレッスン。

 

 

 

 

とあるダンス教室のインストラクターの方にも、

田中メソッドは通用するようです。

 

それにしても、たった5回程度で、

なんとかなるその様は、さすがなものですね。

 

見習おうと思いました。

 

勉強になりました。

感謝。

 

 

 

 

明日も今日より一歩前へ

 

いむあ(はぁと)

 

 

 

 

**イベント情報*********

ハーラウ・ケオラクーラナキラの今後のイベント出演予定は下記の通り。お近くの方、お時間ある方は是非遊びに来て下さいね。

 

 

■□2018.04.21(日)■□■□■

レイ・アロハ・フェスティバル2019

http://leialoha.strikingly.com/

***********

 

 

■□■ラナキラよりお知らせ□■□■□

2019年3月の見学・体験受付は終了させて頂きます。4月以降の受付となります

| shin.tanaka. | keolakulanakila | - | - | - |
2019/02/09

ウルトラあろは★

 

本校は東京三田麻布十番、分校は藤沢辻堂にてフラダンス教室を展開するハーラウ・ケオラクーラナキラ、主宰の田中新です。

 

 

写真で記憶を回想する

2月9日土曜日。

 

は、

 

一般的には遅いんじゃないか、

ラナキラ的には節分過ぎが新年!

 

ということで、

 

ラナキラ新年会パーティーでした。

 

 

乾杯の挨拶は、

実は初めて、

クプナカネのターちゃんに。

 

 

前日のレッスンを休んで、

丸一日乾杯の音頭の練習をしていたとかしていないとか。

 

いつも笑顔。

ふざけてそうにみえて、

実は超敏腕、稀代のビジネスマン。

 

人生に達観したからこそ、

生まれるこの笑顔にみんなが惚れ込むのです。

 

そんな方から有難いお言葉を頂き、

新年会スタート。

 

といっても田中は、

とある大阪のエンターテイナーのような才能は

持ち合わせていないので、

 

みんなの才能におんぶにだっこ。

 

まずは、

 

「今ここメレフラ」

 

新曲スタートしたばかりにも関わらず、

とりあえず今出来ているところまで踊っちゃおう企画。

 

 

 

出来ていなくて当然なんです。

 

でも、これが、

みんな、

夏ごろのイベントではガンガン踊っちゃうわけです。

そんな成長を、

 

共に見ていく教室。

 

みんなで成長する教室。

 

 

からの、

 

 

 

御年84歳のコーちゃん、

 

改め、

 

フラ亭談洲(ダンス)師匠による、

 

落語。

 

 

新年会には

最高の余興です。

 

惹きこまれます。

 

こういう機会に触れることが出来る。

 

それだけで感謝です。

 

 

最後は、

 

 

プロのミュージシャン登場。

 

いや、ほんと。

 

この人のこの歌ね。

 

そろそろどこかのラジオ局に売り込みたい。

 

もっと色んな人に聴いて欲しい。

 

そう、切に願います。

 

 

そんなこんなで、

2時間30分の新年会もあっという間。

 

とにかく。

 

出席してくれた生徒さん達みんなの、

くったくのない笑顔に囲まれる。

 

それが幸せです。

 

 

 

今年も宜しくお願い申し上げます★

 

 

 

明日も今日より一歩前へ

 

いむあ(はぁと)

 

 

 

■□■ラナキラよりお知らせ□■□■□

2019年2月の見学・体験受付は終了させて頂きます。3月以降の受付となります。

| shin.tanaka. | keolakulanakila | - | - | - |
2019/01/23

ウルトラあろは★

 

本校は東京三田麻布十番、分校は藤沢辻堂にてフラダンス教室を展開するハーラウ・ケオラクーラナキラ、主宰の田中新です。

 

 

1月23日水曜日は、

 

とあるプライベートレッスンからの、

とあるプライベートライブ。

 

なので非公開。

 

スタジオにサインが一つ増えました。

感謝。

 

 

そんなわけで、

昨年のホイケ(発表会)で、

舞台製作チームから、

記念Tシャツ作った方が良いと言われ、

 

アラカイ親方ピロ氏による渾身のトライバル「風」デザインを施しました。

 

 

 

凄いよね。

これを描こうって思うことが凄い。

 

そして何が凄いって。

 

これ、全部鉛筆で手書きだっていうこと。

 

それを、データ化したわけです。

 

 

単純にデータ化といいつつ。

 

スキャニングして終わり、ではなく。

 

スキャニングした後に、

色補正から修正から、

黒のインクの量まで、

 

かなり細部にわたって綿密に作られました。

 

 

それがこちら。

 

 

 

 

こんな風になりました。

 

Tシャツ屋さん一押しのボディ。

 

「よれない」「透けない」「長持ち」という3大要素を全て兼ね揃えた、国内最高品質のボディ。

 

だそうで。

 

生徒さんからは、

本当に着心地が良過ぎる。

と、2〜3枚買ってくださる方もいらっしゃいました。

 

スタジオ内で購入が可能です(在庫あり)。

ラナキラ以外の方でも是非。

 

1枚3,500円(税込価格)

 

です。

 

 

ちなみに↑の説明書も印刷されて同封されております。

 

 

 

#ホイケ裏話

#続くかどうかは微妙なところ

#このハッシュタグに意味あんのか不明な件

 

 

明日も今日より一歩前へ

 

いむあ(はぁと)

 

 

 

 

■□■ラナキラよりお知らせ□■□■□

2019年1月の見学・体験受付は終了させて頂きます。1月からは2月以降の受付となります。宜しくお願い申し上げます。

| shin.tanaka. | keolakulanakila | - | - | - |
2019/01/16

ウルトラあろは★

 

本校は東京三田麻布十番、分校は藤沢辻堂にてフラダンス教室を展開するハーラウ・ケオラクーラナキラ、主宰の田中新です。

 

 

1月16日水曜日は、

 

いざ、

 

五反田へ。

 

昨年の発表会で大変お世話になった佐藤龍氏が、個人的にやっているラジオ番組の収録にお邪魔致しました。

 

 

龍さん、ありがとうございました。

 

30分では語り尽くせなかった、、

 

とも思うし、

 

まあ長過ぎず短すぎずで丁度良いのかも。

 

とも思う30分。

 

自分の声はやっぱり苦手です。

 

この慢性鼻炎の声。

全然抜け感が無い苦しそうな声。

 

いつか脱出したいものです。

 

 

そして、

五反田に来たのだから。

 

スルーは出来ない、、と思って。

 

とあるフラハラウへ、

アポ無し電撃訪問。

お邪魔しました。

 

お忙しい中、お時間頂きました。

 

ありがとうございました。

 

明日も今日より一歩前へ

 

いむあ(はぁと)

 

 

 

 

■□■ラナキラよりお知らせ□■□■□

2019年1月の見学・体験受付は終了させて頂きます。1月からは2月以降の受付となります。宜しくお願い申し上げます。

| shin.tanaka. | keolakulanakila | - | - | - |
2019/01/01

ウルトラあろは★

 

本校は東京三田麻布十番、分校は藤沢辻堂にてフラダンス教室を展開するハーラウ・ケオラクーラナキラ、主宰の田中新です。

 

 

ウェルカム。

ニーゼロイチキウ。

 

 

改めまして、

 

皆様、
明けましておめでとうございます。
本年も
Halau Keolakulanakila
を宜しくお願い申し上げます。

 

 

我々は、今年もフラを踊りたいと思います。

 

もちろん、ハワイの文化なので、ハワイそのものに敬意を払う必要がありますし、その土地の雨や風、歴史や背景を知る必要があります。しかしながら、我々の生活ベースは日本であり、日本の雨風を感じるしか方法はありません(特に最近は【水】の大切さをしみじみと感じているので、水に関する曲をやりたいなと感じていたりします)。

 

ハワイアン達が紡ぐ歌詞は、雨や風、木々の揺らめき、山々の壮大さを時に軽快に、時に溜息がつくほど美しく表現します。

 

それは単純にそういった、「大自然」という一つの生き物として捉え、畏敬しているだけではなく、きっと、彼らの生活の中で生まれる向かい風や追い風、あるいは行く手を阻む雨や雑音といった比喩的な表現も含まれていると思うのです。

 

でもそれら全てを彼らは「美しい」と表現したりします。ハワイアン達は古くからきっと知っているのかもしれません。『結果、それが生きる糧になり、魂を鍛えてくれる出来事であり、実は全てが嬉しく、愛おしく、命そのものを育んでくれる出来事なのだ』という事を。

 

何故、日本人の私たちがフラに触れることを望んでいるのか、明確なことは誰にも分かりませんし、人それぞれのスタンスがあります。ですが、きっと、私たちの真ん中にある何かが、それを欲してるのかもしれません。

 

ただ、私たち日本人の民族性が故に、形に捉われたり、細かいテクニックを追い求めたりして、色々なことに白黒を付けたりしてしまい、正しいとか間違っているとかで判断してしまいがちです。

 

だから、田中は言いたいのです。

もっと個人的な経験や生活の中で感じている愛おしさや感謝の気持ちを、想いを、モーションの中に埋め込めるようになって欲しいんだと。それこそが、フラは言葉である、と言われる所以なのではないかと。

 

 

毎日をもっと笑顔に、より彩りのある日常を。

 

 

2019年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

明日も今日より一歩前へ

 

いむあ(はぁと)

 




2019.01.01
ハーラウ・ケオラクーラナキラ
主宰 田中 新

 

 

 

 

■□■ラナキラよりお知らせ□■□■□

2019年1月の見学・体験受付は終了させて頂きます。1月からは2月以降の受付となります。宜しくお願い申し上げます。

| shin.tanaka. | keolakulanakila | - | - | - |
<new | top | old>